膣のゆるみを解消して恋人関係ゆるまず【女性自信】

選ぶポイント

女性にとって深刻なコンプレックスとなる、膣のゆるみです。その悩みを解消するためには、クリニックを利用することが近道です。女性スタッフのみだったり、完全個室対応だったりと、配慮に優れたクリニックも多くあります。

注入法などで治療

女性の悩みのひとつである、膣のゆるみです。病院にて治療を受けることにより、解消することができます。治療法には、軽度の人に対して行われるヒアルロン酸注入法など、さまざまなものがあります。

治療の選択肢

膣のゆるみは女性にとって深刻な問題ですが、さまざまな治療法により治すことができます。治療法には注入法のほかに、高周波を利用したビビーブ、レーザー、切開手術などがあります。

ゆるみの兆候

女性には、人にはいえない悩みがたくさんあるものです。体の悩みとなれば、なおさらです。しかもそのなかでも、膣の悩みとなると、母親にだって打ち明けるのは難しいことでしょう。
膣の悩みのひとつである膣のゆるみは、特に女性のコンプレックスとなりやすいもの。性交時にパートナーを満足させることができず、セックスレスになったり、酷い場合は破局してしまったりといった可能性があります。
もしかしたら膣のゆるみがあるかもしれない…というのは、以下のポイントから兆候を探ることができます。

・出産経験
女性は一度出産を経験すると、膣の間を赤ちゃんが通って一度拡張されていますから、ゆるみが出やすくなります。産後に太ってきたら、さらに要注意です。

・尿漏れ
膣のゆるみがあると、尿漏れが起きやすくなります。笑ったとき、驚いたとき、せきやクシャミをしたときに尿漏れがあるようなら、膣もゆるんでいるかもしれません。
また、尿を我慢できなくなるのも膣のゆるみによる症状の可能性があります。尿意を覚えてから我慢できる時間が短くなってきたり、夜中にトイレに行く回数が増えたりしたら要注意です。

・性交時の兆候
性交時、パートナー・自分かかわらず、あまり気持ち良いと感じなくなってきたら、膣がゆるんでいる証拠かもしれません。お互い、あるいはどちらかの満足感がなければ自信の喪失につながってしまうかもしれません。
また、挿入時に空気音がするようであれば、要注意です。

こういった兆候が見られるなら、一度病院へ受診してみるといいでしょう。