膣のゆるみを解消して恋人関係ゆるまず【女性自信】

注入法などで治療

膣の悩みは、女性にとっては深刻です。外からは見えないところですが、デリケートゾーンということで母親にだってなかなか相談できません。
なかでも、膣のゆるみは女性としての自信にかかわってきます。膣のゆるみがあると、好きな人との性交時に相手に気持ちよくなってもらうことができず、セックスレスとなってしまう可能性もあります。

そんな膣のゆるみは、病院を受診することによって解決できます。
代表的な治療のひとつに、注入法があります。これはヒアルロン酸を膣の内壁に注入する治療法で、軽度のゆるみの場合に向いています。メリットは、ヒアルロン酸を注入するだけなので傷が残らないという点。メスを入れる必要がないというのは、体の悩みを抱える女性としては助かるものです。また、ダウンタイムがほとんどないというのも嬉しいところです。施術は来院したその日のうちに終了するので、入院する必要もなく、そのまま帰ることができます。それだけで、軽度の膣のゆるみは解消されてしまいます。
ただし、ヒアルロン酸注入であれば、効果期間が6ヶ月程度というところに注意が必要です。

そのほか、膣の状態や患者の希望に合わせて、ビビーブと呼ばれる高周波を当てる治療法や、レーザーを使った施術、切開手術を行うものなど、さまざまなものがあります。医師と相談して、治療内容を決定し、膣のゆるみの悩みから解放されましょう。